妊娠前は便秘知らず!

妊娠前は便秘知らずの、毎日快便の健康なタイプでした。
しかし、妊娠が発覚してから、つわりで食べれなかったこともあり、栄養不足も原因だったと思いますが、なにより一番は、下腹に力を入れることが怖くなり、便を出せなくなってしまいました。
どうにか便秘を改善したいと思い、水分をたくさん飲んだり、便通に良さそうなものを食べれるときに食べたりしていましたが、なかなか妊娠前のようにはいきませんでした。
特に、妊娠初期のときに便秘がひどく、一週間に一度、出ればよいほうでした。
だからといって、お腹が張ったり痛くなってしまったりということは無かったので、とくに主治医の先生に便秘の薬を処方してもらったりはしませんでした。
妊娠中期になり、自然と便秘も改善されてきて、便が出なかったとしても、前のように一週間というのは無くなりました。
しかし、妊娠後期になり、臨月になり始めたころから、また便秘になりはじめました。
お腹も大きく、便秘だったこともあり、苦しかったことを覚えています。

便秘なし。むしろ下痢体質

妊娠中、極度の便秘になりました。妊娠前はむしろ下痢体質だったので、最初は下痢が止まって、トイレの心配なく自由に外食にも行けるようになって喜んでいたのですが、だんだん吐き気がするくらいのひどい便秘になりました。妊娠中の薬が原因で子どもに奇形の症状が出た人が身近にいたこともあり、妊娠中は極力薬を使いたくなかったので、特に医者には相談せず、病院で処方された薬も飲みませんでした。

薬以外の方法で、ヨーグルトやヤクルトを試したり、お腹をマッサージして腸を刺激したりしてみましたが、妊娠中の便秘にはあまり効きませんでした。妊娠中に何度か嘔吐しましたが、つわりだけではなく、便秘が原因の嘔吐もあったように思います。ちょうど便秘しているときにおしるしが出て、そのまま陣痛、出産となったので、分娩台の上でいきむときにどう力を入れるべきか少し困りました。便秘が解消できる方法があるなら、試しておけば良かったと後悔しています。